こんにちは!

リアル偏差値42のマチレオです。




突然ですが、皆さんは勉強をどのように捉えていますか?

苦痛なもの、やらなくてはいけないもの、仕方なくやっているもの、、、



人それぞれ考えることは違うと思います。




勉強が出来なくて悩んでいる皆さん。



趣味にしちゃえばいいんです。



「何言ってんだこいつ」と思われた方もたくさんいらっしゃるかと思いますが、私も最初は勉強するために勉強をしていたわけではないんです。



むしろ勉強は嫌いで、(商業科でしたが)商業科目は苦手中の苦手で検定も落ち続けていました。



じゃあ何がきっかけで勉強するようになったかと言うと、、、



ストレス発散です。



私は気が弱い方で、人間関係について常に悩んでいました。

NOとは言えない性格のため、はっきり嫌と言えず、物に当たることも出来なかったため溜め込むことが多かったのです。


もうその子たちの事を少しでもいいから忘れたい、考えたくないと抱え込んでいた時、私はふと思いました。



勉強しよう。

検定受かって、嫌なこと忘れよう。



当時全商簿記検定の勉強をしなければいけなかったこともあり、高校の学習室にこもり、分からない問題を解き続けていました。



勉強をしている間は友人の事を考えなくていい&勉強しているのでどんどん点数が取れるようになる



一石二鳥じゃん!!!



数ヶ月前あんなに苦戦していた簿記検定1級もポーンと受かりました。(簿記1級の財務会計が一度落ちてました)


それから火がついたのか、高校時代に受験した検定は全て合格することができました。(卒業時には全商検定1級を5種目所持)




気づけば友人より資格取得数や成績は上がっていました。



最初は「見返してやろう」と思っていたのですが、案外、勉強していたら周りの成績などどうでもよくなりましたね。



勉強すれば受かる。やれば受かる。



という感覚にどっぷりハマってしまい、今は資格の勉強が趣味になっています。



しかし、勉強しているからと言って飛び抜けて出来るわけではありません。


中には仕方なくやっている人や、嫌々やっている人の人の方が点数が良いこともあります。



意外と好きでやっている私の方が成績が悪かったりしますよ。



でも、検定に関しては良いも悪いも、勝つも負けるも他人の評価でしかないんです。



誰かと比べない限り、勝つ、負けるという表現は生まれません。



検定は点数を取れば受かります。




合格は合格です。



ぎりぎり受かった人も、満点だった人も、受かればみんな同じです。



ただ、「◯◯よりも高い点数を取りたい!」というのも、1つの目標であり、モチベーションにもなると思います。



勉強好き=自信がつく



好きか嫌いかというだけでも、取り巻く環境や成績は大きく変わります。


  • 勉強が好きになったことで、自分が絶対受かると確信が持てるまで勉強する癖がつく
  • 自分はどれだけ勉強したら検定に受かるか、受かるには何から始めるべきかがわかる
  • 物事を整理しながら行動に移すことができる


私にとっては良いことだらけでした。


日常的にも考え方が大きく変わり、様々なことに興味を抱くようになりました。



物の仕組みや作り方、なぜそれが生まれたのかなど、とても些細なことですが、疑問を持つようになり、自ら進んで知識を蓄えるようになりました。



もちろん疑問を持つだけでなく、解決しようとする行動が、最も重要なことだと考えています。



それでは🐥

スポンサードリンク